ひな祭りセール
【駿河屋】 ひな祭りセール

一般ゲームの記事はこちら「あのゲームをもう一度。」

牝猫秘書室

mesuneko-98_000.png
牝猫秘書室
メーカー:メロディ
発売日 :1995年
ジャンル:アドベンチャー
機種  :PC-98,Win95



※画像はPC-98版です


新宿、某所のビルにて…。
ここに一人の男の姿があった。彼の名は九郎、またの名を「フクロウ」。職業は企業向けの人材斡旋業…つまり、ヘッド・ハンターである。


mesuneko-98_001.png
ボスの命令により、九郎のパートナーを務めることになった「杉山 朋子」。彼女が訪ねてくるところから始まります。


mesuneko-98_002.png
ヘッドハンターとしての九郎の最大の武器である下半身の実力を試したい…というわけで、朋子とエッチする事になりました。ちなみに行動の選択次第でエッチ内容と表示されるグラフィックが変わります。

さて、今回の仕事は、とある企業に潜入しての人材捜し。ターゲットは決まっておらず、優秀な秘書にふさわしい女性を探してヘッドハンティングするというもの。無論、仕事を離れた面でも優秀な美人秘書を…。先にこの依頼を受けて潜入した、駆け出しのヘッドハンターが行方不明になっているらしく、彼女を捜し出すことも目的となります。期限は今日から5日間で、報酬は5000万。


mesuneko-98_003.png
九郎は朋子と共に、潜入先である新宿の「飛鳥商事」へ。二人は興信所から派遣された、企業内のセクハラ調査員という名目で入り込む…。


mesuneko-98_004.png
秘書室長の「千堂 季実子」が出迎えてくれました。社長の娘でもある彼女に案内されて社内を回ります。


mesuneko-98_005.png
総務部部長「田島 みどり」


mesuneko-98_006.png
人事部部長「塚本 かえで」


mesuneko-98_007.png
営業部部長「松村 かほり」

このように美女揃いの飛鳥商事。大した物を売っているわけでもないのに、やたらとはぶりが良く、外国人が多く出入りしている。バイトたちはそれを不思議に思っているようですが、その理由とは…!?依頼を達成すると同時にこの会社の秘密も暴いていきます。


ヘッドハンターとなって企業に潜入するアドベンチャーゲーム。舞台となる飛鳥商事の社内を歩き回り、情報収集しながら女性社員とエッチして進めていきます。

行動の選択によって少し進み方が変わりますが、基本的には一本道。社内を移動してのフラグ立てに少し手間取る程度で、難易度は低めです。ただ、選択肢はエッチシーンのCG回収に影響するので注意が必要ですね。

会社の秘密を解き明かしていくところは、探偵モノっぽくて面白いと思います。最後は少し強引な気もしますが、エロゲだからこれで良いのかな…。少しクセのある絵柄ですが、グラフィックは悪くないと思いますし、エッチシーンも多くて当時のお気に入りゲームでした。



牝猫秘書室 | パソコン・スマホ | 中古・新品通販の駿河屋

0 Comments

Post a comment